Xperia X Compact用のフィルム2種類

Xperia X Compactのグッズ記事第2弾になります。
今回はX Compact専用に販売されている内、国内Amazonで購入することの出来るフィルムを2種類購入してみました。

今回購入したフィルムは、片方がガラスフィルム、もう片方がPET樹脂フィルムになっています。
最初はガラスフィルムを購入したのですが、後述する問題が発生したためPET樹脂フィルムを買い直した形になります。
 まず1枚目は、AVIDET製の専用強化ガラスフィルムになります。

メーカー曰く、厚さは0.3mmで硬度9Hの耐指紋 撥油性 高透過率 ラウンドエッジ加工なガラスフィルムということですが・・・。
価格は699円+送料340円でしたが、中国発送だったようで到着まで2週間かかりました。
現在はAmazon倉庫発送でプライム対応しており、価格も899円と安くなっています。

 内容物はガラスフィルム本体、取り付け補助キット(仮止めシール、ゴミ取りシール、アルコールシート、拭き取りシート)のみです。

 ガラスフィルムは、クッション材の袋の中に入っています。
ガラス素材なので、折り曲げたりしたら割れてしまいます。
スマートフォンの画面と接する面にのみ「BACK」と書かれたプルタグ付きの保護シートが貼られています。

 実際に貼り付けてみた状態です。
スピーカー側の切り欠きはこのような形状です。
ラウンドエッジ加工とある通り、光の反射の仕方を見る限りはエッジカットが施されています。

インカメラ側は残念ながら加工が若干甘いです。
インカメラを孔に合わせるとセンサーが合わず、センサーに合わせるとインカメラが合わないという微妙な仕様。
中央に配置するとセンサーもインカメラも両方ズレた配置になってしまいました。
また、そもそも液晶幅に対して0.5mmほど足りていないというもったいなさ。

 何よりも気になるのが、左右エッジのガラス浮きです。
国内版のXperia X Performanceでも話題になっていましたが、最近のXperiaシリーズが採用するフロントガラスの2.5D加工が災いして、柔軟性に欠けるガラスフィルムではエッジ部分が浮いてしまうという症状です。

左右のエッジ部が白い筋のように浮き上がっており、その部分からゴミや水が入ったり、あるいは衝撃に弱くなるようです。

この左右エッジ浮きは専用対策品が出るまでは解決不可能なようで、Xperia X Performanceでも解消されていない問題のようなので、やはり現行のXperia Xシリーズではガラスフィルムは難しいのかもしれません。

そこで、新たに柔軟性の高いPET樹脂タイプのフィルムを購入しました。


 購入したのは、ShineZone製の専用液晶保護フィルムです。

メーカー曰く、気泡軽減 高光沢タイプということです。
Amazon倉庫発送のプライム対応で価格は777円でした。
この価格で3枚入りであるというあたり、ガラスフィルムとの単価の違いを感じますね。

 内容物はフィルム3枚に、取り付け補助キットです。
別メーカー品であるのに、補助キットが全く同じものなので少し驚きました。

 早速取り付けてみました。
スピーカー皮の加工は問題なく、ピッタリの加工になっています。
液晶幅に対してサイズもほぼ問題なし。

 ガラスフィルムとは違い、インカメラ側の加工は穴あけではなく切り欠きとなっています。
穴と違い、中央を大きく気にする必要のない加工ではあります。
ひと目で分かるような大きなズレもありませんでした。

こちらは樹脂フィルムであるため、柔軟性も高く2.5D加工されたガラスに対してもピッタリと貼り付きます。
エッジ部の浮きもなく、かなり良好です。
また、厚み自体もガラスフィルムより遥かに薄いため、エッジ部の段差が気になることもありません。

結局、現状ではガラスフィルムをやめ、樹脂フィルムを取り付けて使用しています。
ガラスフィルムの方がタッチしたときの感触は遥かに良いのですが、如何せんエッジが浮いたり段差が大きいという問題があるため、やむを得ず・・・という感じです。
樹脂フィルムは値段も安いので、うっかり傷がついたらとっとと変えてしまえばいいだけなので気楽ではあります。

国内版が発売されれば、ぴったりサイズのガラスフィルムも発売されるのでしょうか・・・?

コメント