スマートフォン関係記事

2017年2月7日火曜日

 NTT-X StoreのX DAYで、MSIのRadeon RX480 GAMING X 4Gと、Radeon RX470 GAMING X 8Gが激安でした。
価格.comなどでは、最安価格は両者とも28000円前後、平均価格では前者が33000円、後者は31000円ほどです。

MSI Radeon RX 470 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6127
MSI COMPUTER (2016-08-06)
売り上げランキング: 83,547

そんな中、X DAYではRX480が19800、RX470は17980円という価格でした。
X DAYは代引き限定なので、手数料はかかってしまいますが、2つ合わせても相場より3万円近く安く手に入れることができました。

2017年1月18日水曜日


ゲーム配信サービスのTwitchですが、ゲーム配信中にコメント欄を確認するのって面倒くさいですよね。
ニコニコ生放送だと、ニコ生コメントビューアのようなソフトを使用してコメントを読み上げられますが、Twitchの場合はそのようなソフトがなくLimeChatなどの汎用的なIRCクライアントを経由して、棒読みちゃんを利用する必要がありました。

が、その設定がすごく面倒くさい!
解説サイトなんかも縦にいっぱいスクロールする必要があるくらい面倒です。

なので、起動したあとコピペ1回、入力1回で棒読みちゃんとTwitchを連携できるソフトを作りました。
ダウンロードリンクはこちらです。

ダウンロード(v0.2)
ダウンロード(v0.3)

2017年1月13日金曜日

 NEC製のモバイルルーター、Aterm MR04LNがAmazonのタイムセールで激安になっていたので購入してみました。
最新機種MR05LNが2016年夏頃に発売されており、本機種は2015年夏に発売された型落ちモデルになります。

型落ちモデルとは言え、スペックとしては極めて現代的なものになっています。
Wi-Fiルーター機能としては、最新の802.11acに対応しており最大867Mbpsで通信可能です。
また、LTEも2バンドまでのキャリアアグリゲーションに対応しています。

今回は、有線LAN端子を備えたクレードルが付属したモデルを購入しました。

普段はAmazonで18900円で販売されていますが、特選タイムセール+ウィンターセールの相乗効果でなんと7100円になっており、昨年12月に実施されたAmazonサイバーマンデーセールでの価格8990円よりも安くなっていました。

2016年12月31日土曜日

 手持ちのUK版Xperia X Compact(F5321)ですが、12月27日頃にAndroid7.0 Nougatへのソフトウェアアップデートを含むOTAが配信されてきました。
Sony Xperia X Compact ホワイト F5321 [並行輸入品]
Sony
売り上げランキング: 13,147

Xperia X Compactは発売地域によって時期は異なりますが、以前からAndroid7.0 Nougatへのアップデートが予告されていた機種なので「ようやく来たか」という感じでした。

通知が出た段階でアップデータのダウンロードは終了していたのか、ダウンロード容量などは表示されていませんでした。

2016年11月3日木曜日

ステレオヘッドホンでサラウンド音声を再生可能にするソフトウェア「Razer Surround」ですが、スリープ復帰時に音声が再生されなくなるバグが存在します。

この問題については公式フォーラムでも言及されており間違いなく存在するバグのようです。
Razer Surround VAD Streaming issue with Sleep mode - Win 10 64bit

このバグを回避する方法と、Razer Surroundを使った小ネタを紹介します。

2016年11月2日水曜日

 自宅のメインPCで使用しているヘッドセットを新調しました。
これまで使用していた、BUFFALO製の5.1chサラウンドヘッドセットはイヤーパッドがボロボロになってしまったので、そろそろ換え時かなと考えていた所に新製品が登場しました。

今回購入したのは、キングストン製のステレオゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Stinger」です。
国内では10月7日から発売されたばかりの新しいヘッドセットになります。
※2016年11月2日現在、500円OFFのクーポンが配られており、5480円で購入できるようです。

2016年10月13日木曜日

長々と書いてきたXperia X Compact関連の記事ですが、他に書きたいネタも出てきたので今回で一区切りとします。
最後はXperia X Compactの一番の売りであるカメラ機能のレビューになります。

Xperia X Compactは、先に発売されていたXperia X Performanceや、上位機種のXperia XZで採用されているカメラと同じく、2300万画素のExmor RS for mobile(IMX300)を搭載しています。
センサーは最大ISO12800となっており、「先読みオートフォーカス」といった機能はX Performanceと同様になっています。

最大の違いはXZ・X Compactから採用されたレーザーAFとRGB-IRセンサーです。
前者は近年採用しているスマホも多い、フォーカス時の測距にレーザー照射を利用することで暗所でも素早いオートフォーカスが可能というものです。
後者はホワイトバランス調整のための色調取得に従来のRGBに加えて赤外線も使用すると言うもので、色温度やホワイトバランスの狂った写真が減るという効果があります。
手ブレ補正も、従来より高性能な5軸補正となっています。